sagantaf-佐賀んタフ-

なんでも自分の思ったこと、経験したことを書いて生きます。

評論家にならない 〜仕事をする時に意識すること〜

仕事をするときに意識していること。

それは、

 

「評論家にならない」

 

こと。

 

入社当時から上司に言われていたが、

最近、「THE 評論家」と言えるような人と仕事をするようになってから、特に意識するようになった。

 

備忘録の意味もこめて、

 ・評論家とはなにか

 ・なにがダメなのか

 ・じゃあどうすれば良いのか

をまとめた。

 

 

「評論家」と言われる人とは?

 

現状把握したり、分析したりして、

「○○であることがわかった」

「こうすべきだ」

「こうしないとダメだ」

と言うだけにとどまり、

実際の行動に移らない人はは、「評論家」と揶揄される。

 

f:id:sagantaf:20170316234551p:plain 

 

 

確かに、いろいろ調べて何かが分かると満足してしまうことがある。

 

例えば、システムで障害が発生して、「なぜだろう」とログを見たり、システムの状態を確認して原因を突き止めたら、

「なるほど!ここに原因があったのか。原因わかりましたー!」

と、ここで満足してしまう。

 

 

なぜ評論家じゃダメなのか

 

では、なぜ評論家じゃだめなのか。

 

先ほどの例で、本当にしないといけないなのは、そのバグの原因を無くすことである。にもかかわらず、原因の把握だけして満足したので、状況は何も変わっていない。

  

f:id:sagantaf:20170329175834p:plain

 

つまり、

 評論することで満足感を得られるかもしれないが、結局は何も状況は変わっていない

ことが評論家じゃダメな理由である。

 

その結果、

 ①お客さんからお金をもらえない

 ②自分の成長やチーム内や社内の評価に繋がらない

ということになってしまう。

  

①お客さんからお金をもらえない

仕事をしてお金をもらっていることの根本にあるのは、

「自分が行動して生み出した結果に対して、お客さんに対価を払ってもらう」

ということ。

 

それなのに実際の行動を起こさずに評論で終わってしまうと、

 仕事をやり切っていない

とみなされ、お客さんからお金を払ってもらえない。

 

行動して結果を生み出さなけらば、お金をもらうに値しないのである。  

 (もちろん仕事が評論すること自体であれば、その評論した結果をアウトプットにお客さんからお金をもらえると思うので問題ない。)

 

②自分の成長やチーム内や社内の評価に繋がらない

 

評論だけで終わると、実際に何もしていないから、成果は何も残らない。

(情報拾集するスキルは上がるかもしれないが…)

 

仕事をしたあとに、

「あいつは結局何をしたんだ?」

「どんな成果をあげたんだっけ?」

と上司から思われ、評価されずに終わってしまう。 

 

 

じゃあ、どうするか

 

評論家と揶揄されるとはどういうことか、何がダメなのか、がわかったところで、

「じゃあどうするか」

が無ければ、まさに「評論家」になってしまう。

 

じゃあどうするか?

二つある。

 

まず一つは、仕事を進めている最中にする対策として、

単純に行動する時間の割合を大きくして、評論で終わらないようにする。

 

どこまでが評論=調査・分析で、どこからが実際の行動かを、常に明確していれば、

行動する時間の割合を意識的に増やせると思う。

 

 

もう一つは、仕事を終えたあとにする対策として、

定期的に次の二言を思い出して仕事を振り返る。

「で、結局自分はどんな成果をあげたんだっけ?」

「自社や顧客のためになったことは?」

 

そうすることで知らずうちに評論家になっていた、ということを避けられる。

 

 

 

周りの「評論家」に対しては、どう対処するか

 

また、自分が評論家になることを避ける以外に、周りの「評論家」と仕事をするときの対処も必要だろう。

 

周りに「この人、評論家で実際に何もしようとしてないな」という人がいたら、行動に移るように促す。

 

例えば、

部下に対しては、直接「じゃあどうするか」を伝え、行動させる。

 

上司や協力会社に対しては、オブラートに包んで

「現状や、すべきことは明確になりました。では、実際にどう行動するか、どう進めるかを会話しましょう」

と伝え、一緒に行動に移していく。

 

こうすることで、評論状態で停滞していた仕事が進む上、自らが仕事を引っ張っていく感覚も得られ、成長につながる。

 

 

 

まとめ

  • 評論家だと揶揄されている人とは、あーだこーだ言って、実際の行動には移らない人のことを指す
  • 実際の行動をしないと、お客さんからお金をもらえない。自分の成長やチーム内や社内の評価に繋がらない。
  • じゃあどうするか①:どこまでが評論=調査・分析で、どこからが実際の行動かを、常に明確にして行動する時間を意識的に増やす
  • じゃあどうするか②:「で、結局自分はどんな成果をあげたんだっけ?」「自社や顧客のためになったことは?」この二言を元に、定期的に自分の仕事を振り返る
  • じゃあどうするか③:周りに「評論家」がいたら、行動するよう促す