sagantafのブログ

なんでも自分の思ったこと、経験したことを書いて生きます。

FXで学んだ用語集

FXをやってみよう、と思って本やWEBページを見て、学んだので用語をまとめておきます。順次追加していく予定です。
(そのうち見やすくもしていく予定・・・)
 
 
トレンド:
市場の方向感のことを表す。FXの基本は、この方向感を予想し通貨を売買して利益を上げること。
円安ドル高が進んでいるときには、円を売ってドルを買い、円安がある程度進んだところで、ドルを売れば利益になる。
最初は円を基本にして取引すると分かりやすい。自分が入金した円でドルを買っておき、ドルが高くなったら売れば良いわけだから。
古本屋で安く本(ドル)を買って、値が上がったところで本(ドル)」を売る。このとき貰えるのは円、ということと同じ。
 
レンジ相場(ボックス相場、もみ合い相場):
一定の値幅で上下を繰り返す局面のこと。がーっと上がったり下がったりせずにゆらゆら上下の動きを繰り返している時間帯。
 
スプレッド:
売り(Bid)と買い(Ask)の値幅がFXでは手数料として持っていかれる。この値幅=手数料をスプレッドと言う。スプレッドは通貨のペアによって異なる。
米ドル、円、ユーロの組み合わせは狭いスプレッドで取引ができ、それ以外の通貨はマイナーになるほどスプレッドが広くなるのが特徴。
 
通貨ペアの金利差を日割りで毎日受け取れるという、利息のようなもの。
金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買った場合にプラスの利息となるが、逆の場合はマイナスの金利となり支払わなくてはならなくなる。
 
FXはレバレッジがあるから危ない、とよく聞きますが、「レバレッジを高くかければ危ない」が正しくて、レバレッジを少なくすることもかけないこともできます。
 
ロング・ショート:
外貨を買うことをロング、外貨を売ることショートという。
 
エントリー:
ロングかショートで新規注文をすること。ポジションを持つこと。
 
ポジション:
自分の決済していない状態の通貨のこと。「建玉(たてぎょく)」ともいう。
 
決済:
もっているポジションを精算すること。