sagantaf

メモレベルの技術記事を書くブログ。

Docker入門〜dockerとdocker-composeのインストール方法

はじめに

dockerとdocker-composeをインストールする方法を記載します。

検証環境はUbuntu16.04です。

dockerのインストール

まずは、必要なパッケージをインストールします。

sudo apt update

sudo apt install -y apt-transport-https ca-certificates curl software-properties-common

f:id:sagantaf:20191130163413p:plain


次にdockerのリポジトリを取得するための認証鍵をダウンロードしセットします。

curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -

# 確認コマンド
sudo apt-key fingerprint docker

f:id:sagantaf:20191130163425p:plain


下記のような出力が確認できたら、正常に鍵をセットできています。

pub   rsa4096 2017-02-22 [SCEA]
      9DC8 5822 9FC7 DD38 854A  E2D8 8D81 803C 0EBF CD88
uid           [ unknown] Docker Release (CE deb) <docker@docker.com>
sub   rsa4096 2017-02-22 [S]


鍵をセットできたら、dockerのリポジトリをダウンロードします。

sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"

f:id:sagantaf:20191130163449p:plain


これでようやくローカルマシン(Ubuntu内)にdockerの本体を保存できました。 あとはaptを使ってdockerのインストールをするだけです。

sudo apt update

sudo apt install -y docker-ce

f:id:sagantaf:20191130163545p:plain

下記のコマンドでバージョン情報が出力されれば、問題なくインストールが完了しています。

docker --version


バージョン指定したい場合は、下記のコマンドでインストールできるバージョンを一覧表示させ、インストール時に指定します。

sudo apt-cache madison docker-ce

例えば、バージョン18.09.7をインストールしたい場合は、

sudo apt install -y docker-ce=5:18.09.7~3-0~ubuntu-xenial

と指定します。


docker-composeのインストール

docker-composeはdockerよりも簡単です。curlコマンドでダウンロードからインストールまで実行してしまいます。

sudo curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.22.0/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m) -o /usr/local/bin/docker-compose

バージョンは上記コマンドに組み込まれている通り、URLとして指定します。

githubのページにて各バージョンを確認できます。

https://github.com/docker/compose/releases


curlでインストール後は、バイナリの実行権限を追加して完了です。

sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

最後にバージョンを確認しておきます。

docker-compose --version


おわりに

もっと細かいインストール方法は公式ページを確認してみると良いです。

 Docker のインストール — Docker-docs-ja 17.06.Beta ドキュメント

 Docker Compose のインストール — Docker-docs-ja 17.06.Beta ドキュメント


また、実際のDockerの使い方は、

sagantaf.hatenablog.com

にまとめていますのでご参考ください。